スポンサードリンク



スポンサードリンク

ハコスカをレストアしたい人!

ハコスカは今では30年も前の旧車ですから、やはり乗り始めるにはレストアが必要です。
 ところで、本来「レストア」とうい言葉には「回復する」という意味があるのですが、こういったハコスカなどの車関係の場合は「復活させる」という意味になるそうです。
 普通の事故車や壊れた部分を直す修理とは意味合いが違い、ハコスカなどのビンテージモデルや古くから保存している物を復元する意味で使われる言葉です。
 もちろんレストアをすると言っても簡単なことではなく、ハコスカなども、今はすでに生産されていない車ですから、レストアするための部品パーツもかなりの手に入りづらくなっています。レストアで1台の車を仕上げるために、何台ものハコスカの部品取り車を使うも多いです。レストアするための部品がそもそも手に入りにくいわけですから、完成まで何年もかけてゆっくり仕上げる人も多いのです。
 ですので、レストアの作業場所、保管場所は雨風をしのげる場所(ガレージなど)を確保しないといけませんし、整備書やら解体書やらも集めて、とにかく資金がかかります!
 資金が潤沢にある大人の趣味とも言われる所以ですね。まさにお金もあって、時間もあるという裕福な人向けなのかもしれませんね。
 でも金を払えばパーツが手に入るかというとそうではありませんから、どうしても時間をかけて仕上げるしかないんですよね。
posted by 幻名車の友 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ レストア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。