スポンサードリンク



スポンサードリンク

ハコスカのレストアは過酷なのだ

今現在、世の中にあるハコスカは、ほとんど全てが一度はレストアされたものだと思うのですが、今の技術では、ハコスカのレストアは2つの大きな方向性が出来てきました。
 1つのレストア方法は、社外品や改造パーツなどを一切付けずに、純正部品のオリジナルを極力生かして完全な純正のハコスカを再現して作り上げていくというものです。これはかなり時間がかかりますが、当時の車を完全に再現させる意味す。
 もう1つのレストア方法は、機能性、使いやすさを優先し、レプリカや復刻版の部品を利用して、レストアに他車のパーツやエンジンを流用して扱いやすさや、快適性でレストア後は現代の車と変わらないくらいの高性能な車に仕上げるという方向があります。
 どちらが良いのか?というのはもうその人の好みの問題ですが、しかし、どちらのレストア方法でも、かなりのお金がかかります。
 純正部品ではフロントフェンダーの1枚交換するだけで8万円もします!1枚ですよ!左右2枚なら16万円(当然ですが)!かなり高いんじゃないでしょうか!16万あれば格安の軽自動車くらいは買えます!純正部品がすでにプレミア価格になっていますから、今からレストアパーツを揃えるのは資金てきにはかなり辛いものがあります。
 他車のパーツを流用する方法に関してはパーツは安いですが、その分工賃が高くなってしまいます。簡単にはくっついてくれませんからね…。
 レストアはどちらの方法もかなりお金がかかるものとなります。それでも、つぎ込んでしまう方は多いです。これが男の生きる道ってやつですかね。
posted by 幻名車の友 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ レストア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。