スポンサードリンク



スポンサードリンク

ハコスカから4代目ケンメリへ

1972年9月にC110型にモデルチェンジとなり、ハコスカの次の世代として誕生したケンメリスカイライン。
 「ケンとメリーのスカイライン」の有名なキャッチコピーから、通称ケンメリと呼ばれいるモデルです。
 ハコスカと比べると少し車体が重いのですが、ケンメリはバリエーションがとても多くて、4ドアセダン、2ドアハードトップ、ワゴン、バンとかなりたくさんのモデルを選べるようになっていました。
 ケンメリの、セダン、ハードトップは4気筒エンジンと6気筒エンジンのエンジンを選べて、フロントノーズの長さとホイールベースの長さがそれぞれ違っていました。
 スカイラインの伝統とも言える、ボディサイドのサーフィンラインはカッチリしたシャープなデザインとなり斬新さをアピールしましたね。
 そのほかにも、特徴として、2ドアのハードトップは太いCピラーがスタイル的には大きな特徴となりとても印象的でした。
 ワゴン、バンのモデルはラゲッジルームの窓が無いCピラーとDピラーをつなげたスタイルがとても印象的です。
 ケンメリの搭載するエンジンはG15型をボアアップして改良した直列4気筒のOHC1600ccのG16型と、先代のハコスカから継続されたOHC1800ccのG18型と、日産得意のL20型の3機種でした。
 発売当初のケンメリは先代のエンジンと比べられてしまい、どうしても遅いイメージがありましたね。ハコスカがあれだけのインパクトがあったので、それもしょうがないことですね。
posted by 幻名車の友 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ ケンメリ

ハコスカにないケンメリだけの特徴

ハコスカGTRの雄姿を堪能してください!
posted by 幻名車の友 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ ケンメリ

GTRの運命-ハコスカGTRとケンメリGTR

ケンメリが誕生してから、ハコスカGTRと見比べられてきていましたが、ついに1973年1月に、ケンメリにGTRが登場。
 モデルはKPGC110型となり、ハードトップで2000GTRとなりました。
 エンジンはハコスカGTRと同じS20型エンジンを搭載しており、GTR専用のラジエーターグリルに、ケンメリには前後ともにオーバーフェンダーがおごられておりました!そしてリアスポイラーも装備していて、しかも、装備には先代のハコスカにはなかったラジオが標準装備となっていました。
 しかし、ケンメリの時代は排気ガス規制の影響が強く、ケンメリGTRはなんとわずか197台しか生産されなかったのです。
 そのうち販売されたのは195台だけ生産終了になり、レースに出場することもありませんでした。
 生産台数が極端に少ない為、ユーザーの間では幻のスカイラインGTRとしてとても有名になりました。
 そのため、旧車の中古車市場においては激レアモノとしてものすごい高額で売買されています。
 このケンメリGTRを境に、後のスカイラインシリーズでは、R32スカイラインまでGTRが世にでることはありませんでした。
 ケンメリGTRは今世の中にどれだけ存在するのでしょうか?所有されてる方々にはその希少価値を知って大事に乗ってもらいたいです。くれぐれも事故などでなくさないで欲しいです。
posted by 幻名車の友 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ ケンメリ

ハコスカはレーシングカーだけどケンメリはタクシーか?

ハコスカと違って、ケンメリスカイラインは様々な用途に使われていました。通称ヨンメリとも呼ばれていた4ドアセダンのモデルは、1975年ごろまで、1600ccにLPGエンジンのタクシー仕様車も設定されていたのです。現在ではケンメリのタクシーなんてまず見ることはないでしょうが、もし私が見かけたら思わず手を上げて、特に乗る用事もないのに止めてしまいそうです。さらに他にも、このケンメリの代から警察庁でパトカーとして導入されました。このケンメリパトカーは実際よく街中で見ることがありました。エンジンはGT系統と同じでL20型でしたが、装備の質はかなりシンプルになっており、パトロールカー専用としての設定だったようです。その後もパトカー仕様のスカイラインは今も続いていて、高速道路の機動部隊としては、高速仕様のR34GTRが採用されていますよね。いくら高速道路でもR34に追っかけられたら絶対に捕まってしまいます。その前に逃げるのは諦めてしまいますよね。警察の方々もうまく考えたものです。ケンメリスカイラインは海外にも輸出されており、海外ではダットサン240kという名前で発売されていました。輸出仕様だとなんでもダットサンと言っていましたね。今でいうレクサスみたいなものでしょうね。
posted by 幻名車の友 at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ ケンメリ

ハコスカはレースブームでケンメリはエコブームな時代

ケンメリGTRはハコスカGTRと比べて、台数の少ない車種ですが、マイナーチェンジはたくさんしていました。
 まず、ケンメリは1975年5月に一度マイナーチェンジしており、4気筒モデルのG16型とG18型に代わって、L16型、L18型が搭載されるようになりました。
 そして同じ年の9月に50年排気ガス規制対応の、電子制御燃料噴射装置(ニッサンEGI)を採用したL20E型を搭載するセダン、ハードトップ2000GTX・Eのモデルを追加しました。
 さらに、ケンメリは翌月の10月にはセダン、ハードトップの1600ccモデル、1800ccモデル、2000(L20E型搭載車)モデルをNAPSにより50年排気ガス規制に適合させました。ケンメリはそれと同時にマイナーチェンジも施し、フロントとリアのデザインが変更されました。
 そしてケンメリは一番下のグレードを1600DXとしました。今の時代もそうですが、下のグレードの方が実はセンスのいいネーミングの場合が多いですよね!これも実は販売促進の定石いうやつでしょうか。
 そして次に、ケンメリは1976年2月ごろにGTシリーズのL20Eを搭載したモデルが、51年排気ガス規制に適合させました。
 この頃からは環境を考える時代になり、排ガス規制が厳しくなり、ハコスカのようなハイパワーの車はなかなか登場することがなくなりました。
 そういうわけで、やはり人気のケンメリGTRがレースに出る雄姿を見ることが出来なかったのはとても残念なことですね。ハコスカと同じGTRのエンブレムを持っているにも関わらず活躍できなかったケンメリは実に惜しいです!
posted by 幻名車の友 at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ ケンメリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。