スポンサードリンク



スポンサードリンク

ハコスカの販売台数チェックしました

量産型のスカイラインクーペの歴史は3代目の「ハコスカ」が販売されて初めて始まったと言われています。
 今まであまた語られている栄光のスカイラインの最も輝かしい歴史を持つハコスカは生産されてからの総販売台数が310,447台です。この台数はGTR(1,945台)を含めた台数です。
 この数は歴代の10代目までのスカイラインの中では10.4%にしかなりません。
 そしてちょっと意外なのが、次の世代のケンメリの方が販売台数は670,562台で、実はハコスカよりも2倍以上多いんです。とはいってもGTRグレードはケンメリはたったの197台しか販売されてないんですが…。
 輝かしい栄光を持つハコスカですが、実際の販売台数としては当時の値段の高さから、あまり売れてはいなかったようです。
 販売台数を重視するなら、パワーがどうでもよくて値段が安くて、見た目がカッコいいだけの車が売れたんでしょうね。
 そして、さらに少ないのが最も近代的なR34スカイラインです。
 総販売台数は今までで64,623台です。そのうち、GTRは11,344台です。
 スカイラインの中でも最高の出来と言われ、カルロス・ゴーン社長には日産で一番好きな車と言わせたR34でも台数は伸び悩みです。
 R34は販売価格が高すぎたのか、それともスタイルが斬新すぎたのかな?もう世の中のエコブームとの壁にぶちあたったのでしょうか??
posted by 幻名車の友 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ 販売

ハコスカの販売モデルの最終型だ

3代目の「ハコスカ」から量産型のスカイラインクーペの歴史は始まっており、販売されているのはハコスカのエポックメイキングな面のひとつであり、現在販売されてるのはもう12代目となります。ひとつ前の世代の11代目から、スカイライン独特の丸型4灯のテールランプが無くなってしまいました。マニアにとってもこれほど残念なことはなかったです。ヘッドライトの形も変わり、横長タイプだったのが縦長タイプになって、セグメントはプレミアム・スポーツセダンとなっていますが、単なる高級セダンというコンセプトに変わってしまったんじゃないかと思えます。エンジンもVQエンジンになりターボの設定もなくなりましたので、今現在販売されてるスカイラインはスポーツカーとは言えない車になってしまったかもしれませんね。新しい世代として販売中のスカイラインのイメージは、結果として往年からのハコスカからのファンから敬遠される事になってしまっているのが現状ではないでしょうか。V35スカイラインが販売されてからは購買層の年齢も格段に上がっているのが現実です。私の中ではクラウンと同じ車と思わざるを得ませんね。これはスカイラインだ!というスペシャリティーな雰囲気が感じられないです。やはりスカイラインはハコスカのようにスポーティなエグゾーストノートを誇り、万人に認められる、日本のスポーツカーでないといけないと思いますね。
posted by 幻名車の友 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ 販売

ハコスカのパーツ販売

ハコスカのパーツを自社のオリジナルで開発して販売するショップが増えてきています。
 それらはオークションでも通販でも売られている部品のほとんどは、メーカーの純正よりも、オリジナル開発したパーツや他車パーツを加工して売っているものです。
 今、これだけ希少価値のあるハコスカですと、その方がパーツ代は安くて手に入りやすいので便利だったりもします。
 しかもオリジナル開発のパーツは、実に豊富な種類があります。いまの技術力でしたら、金属の加工技術力もどんどん上って、もちろん取り付けの技術も上がって、普通に安価な価格でチューンしているお店が多くなってきました。
 でもボディのパーツまでが何でも揃っているわけではないですが。
 当然ですが、やっぱりメーカー純正部品よりも断然安いんですよ。昔の純正パーツよりも、ショップのオリジナルパーツの方が安く販売されているので、その市場に業者さんがますます参入してきたんでしょうかね。
 でもその状況が、価格競争に拍車をかけて、私たち消費者にとってはいい状況になってきました。
 技術の競争になることによって良いオリジナルパーツがどんどん登場していけば、将来的にはショップのオリジナルパーツだけで1台作ることが出来るのも夢ではないかもしれません!そうなれば世の中にハコスカがきっと増えていきます。
 世の中にある部品取りと言われている哀しいハコスカも復活させてあげたいですよね。
posted by 幻名車の友 at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ 販売

ハコスカは販売前からチェックすべし!

ハコスカは中古車として販売されている車なかでも、私が今まで見た中で一番高価な値段で販売されていたハコスカは、1600万円くらいするKPGC10のハコスカGTRでした。
 もうびっくりしましたね。買う人いるんでしょうか?
 現在では300万〜500万くらいで販売されてるはことはよくありますが、さすがに1000万を超えて販売されてるのは初めて見ました。
 当たり前ですが相当な極上車で。それだけの高額ならなら当たり前です。エキマニとかの部品がチタン製に交換されていました!どうしてわざわざそんな高価な材料を使う必要があるのか、と思いますが、この世界はある意味では自己満足の世界ですからね。そういうのも拘りのひとつなんでしょう。
 フルレストアをして売られている旧車の場合は、そのレストアしたお店が開発して販売してる自社パーツを付けているのがよくあります。ですのでどうしても文句の言えない部分が出てきてしまいます。
 今のレストア専門店の現状は足廻り、マフラー、のパーツは自社で開発してるところがほとんどで、お客さんの好みのセッティングにもしてくれるみたいです。
 もしレストアしたいような車がベース車両として運良くお店に販売してあったなら自分の好みにお願いすることもできますね!
 もしかして、うまくお願いできたら自分でベース車両を持っていってハコスカのレストアを依頼するよりも安く出来上がるかもしれませんね。そのためにはまめに、いろんなショップやネットでハコスカの情報をこまめにチェックしないといけませんね!
posted by 幻名車の友 at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ 販売

ハコスカと現行販売のスカイラインは大違い

現在販売されているスカイラインはハコスカのような純粋スポーツカーのイメージではなく、まさに高級セダンの雰囲気となってきていますね。
 現行の新型12代目のスカイラインも先代の11代のような形になっています。
 この12代目のスカイラインもハコスカ時代のエンジンからの伝統の6気筒から変わってしまい、エンジンはVQ型が搭載されての販売となりましたが、先代に販売されたエンジンと比べるとかなりの改良が加えられていて、実に内部機関の80%もの変更がされています。
 新型販売時にそこまでの大改良があるとわかると、じゃあそれまでの先代で販売されていたエンジンは、かなり不都合なところがあったのかって思ってしまいますよね!
 新型にのっている改良エンジンは3500ccモデルで315馬力も発生させるという事ですから、先代と比べると40馬力もアップしてます。
 これでは少し前に販売された11代目を買った人は何とも悔しい気分だろうと思います。
 しかも、海外での評価も高いらしく、VQエンジンに関しては米ワーズ社の10ベストエンジンを受賞しているほどです。
 この今まで販売されていたVQエンジンというのは、13年間連続でこの賞を受賞していて、これほどまでに長い期間での連続の受賞は極めて稀なことだそうです。
 それにしてもエンジンの内部を80%も改良することで、40馬力も馬力がアップするというのですから、今までは相当なパワーのロスがあったということなのでしょうか?それともかなりの高回転仕様になったということなのでしょうかね?
posted by 幻名車の友 at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ 販売
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。