スポンサードリンク



スポンサードリンク

ハコスカの44グリルの特徴です

ハコスカってグリルが違うだけで、様々な表情をしていますよね!
 そこで、様々なグリルの種類から、44グリルに関してのお話をしますと、44グリルは43年の9月から44年の9月の間で生産されたモデルです。
 ライトの周りにレンズ風のガラスが入っているのが特徴の、とても凝った作りのグリルになっています。
 ここまで装飾するのはかなりのコストがかかっていると思われます!
 さすが日産がその技術力をの全てを注ぎこんで作り上げたハコスカですね!
 ウィンカーにもメッキの縁取りが付いており、形状も極力フラットに仕上げています。それとライトの枠や真ん中のグリルは、実はレプリカがたくさん発売されていて、今では比較的簡単に入手が可能です。
 フロントのウィンカーの間の部分にはこまかいメッキモールがあって、この部分は通称ヒゲと呼ばれているのはご存知ですか?
 このヒゲの部分だけは、今ではとっても入手困難となっています!しかし、これが有ると無いとでは、グリルの印象がかなり違うんですよね。
 その形が難しくて、チューニングショップでもレプリカを作ったとしても値段が高くなってしまう。 きっと、このヒゲの部分だけは何処も作ってくれないでしょうね。
 そして、バンパーには豪華なメッキの縁取りのオーバーライダーが付いているのです!
 人それぞれにハコスカの好みもこだわりも違ってい、グリルの趣味もさまざまです。
でもなぜかGTRにはついていないんです。不思議ですね。
posted by 幻名車の友 at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ グリル

あなたのハコスカグリルはどんな顔???

ハコスカっていうクルマはグリルの違いだけで本当にその顔の表情がいろいろと変わる車ですね。
 オーナーの好みいよっては、全然違いますから、それがまた自分の車に対しての格別な愛情になっていくんですね。
 基本的なドレスアップはハコスカをGTR仕様にするのが定番です。しかしそれが逆に今となっては残念なことに、オリジナルのままの顔をしたハコスカを探すのが難しくなってしまうことになりました。
 でも、面白いことに、ハコスカというクルマは同じグリルでも1台1台で微妙に違った表情をしているので、それがまた面白いです!
古い車だから、で片付けるにはもったいないほど、大切に可愛がらているハコスカと、無造作に荒っぽく扱われているハコスカでは表情が何かしら違うのですよ。
 これは見てもらうしかないのですが、具体的にどうこうと言えるレベルでは、例えば、ボディの各パーツの隙間や、グリルなどの取り付け位置などになんとなく違いがでますね。ただそれももともとのボディーそのものが狂っていることが原因のこともありますけどね。
それでも日頃のメンテナンスからくる愛着が旧車にはすぐに違いとして出てしまいますから、オーナーの皆さんは気をつけなければいけませんね。
 経験豊富な熟練した板金の職人さんになると、ハコスカの顔を見ただけで、人間と同じように「いい顔してるな!」とか「なんか悪いことしてないか?」といったようにズバっと言い当ててしまいます殻ね!
 本当にスゴイことですよね!私もいつかハコスカ好きとしてそこまでわかるようになりたいです!
posted by 幻名車の友 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ グリル

ハコスカの45グリルへのこだわり

ハコスカってグリルが違うだけで、様々な表情を見せるクルマだと思いませんか?
 乗る人の趣向によって好きなハコスカも変わるので、こだわりのぽんとも違い、その典型がグリルの趣味に現れます。
 例えば、数あるグリルの中でも、現在、最も人気の高い45グリルでは、まだ私自身がその芸術性を理解できずにいた時分は、漫画にでてくるキャラクター(天才バカボンに出てくるホンカン)みたいな顔だと思ってたりしましたが、今になるとそのセンスの高さにすっかり驚いており、45グリルの芸術センスがやっと理解できたというわけです。
 現在は殆どがレプリカが出ているようですが、高価なものなので、同年代の1500cc、1800ccのグリルを、うまく流用して使うという方法もあります。
 でもそうすると、中心にあるNマークが違ってくるんですね!
 しかし、最近ではそこにまでこだわりを持つ方々が多いため、真中のNマークのみレプリカがまら発売されています。
 あのグリルのNだけの為に、パーツをレプリカするなんて、ホントにハコスカの世界はマニアックに深くなっていくんですね。
 バンパーに関してはオーバーラインはメッキ縁取りがとれて、少し膨らんだ形状になりました。
 そしてあの、こだわりを感じさせたヒゲのモールは廃止になってしまいました!
 やはりあのヒゲモールはコスト高だったんでしょうね。それにしてもあっさり辞めてしまうのは少し残念です。
posted by 幻名車の友 at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ グリル

ハコスカの46グリルに関して

ハコスカグリルが違うというだけで、様々な表情を見せてくれるクルマです!
 乗る人の個性でハコスカのグリルもこだわりの違いを見せ、グリルのデザインも多岐にわたります。
 そのため、多様なデザインのグリルの中から、2ドアモデルが発表された際にチェンジされた46グリルという型は、通称46(ヨンロク)と呼ばれており人気のグリルですが、2ドアは縦桟の途中にメッキが入ったデザインでした。また4ドアは黒一色でした。
 このグリルはハコスカのグリルの中でも、ちょっと渋めのデザインで2番人気となているものです。
 このタイプのグリルは、GT用が今では入手が難しく相当にレアなものになっていて、現在ではほとんど見つかることが出来ないそうです。
 また、2ドアのGTRもこのグリルをベースにデザインされています。GTR用のグリルは、人気があったので数も多く比較的、入手しやすい状況です。
 当時はこの縦桟を外したり、チェリーのハニカムグリルをつけたりして、オリジナルのGTR仕様にするドレスアップをみんな楽しんでいました。
 バンパーに関しては、オーバーライダーが廃止になりました。
 生産効率の追求でコストのかかるパーツやデザインは廃止や変更になっていくんですね。残念なことです。
 しかし、2ドア、4ドア、GTRともすべて兼用なので、レプリカなら3タイプのモデルともに比較的手に入りやすいですね。
posted by 幻名車の友 at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ グリル

ハコスカの最終型グリルはいかに?!

ハコスカグリルを変更させるだけで全く違う雰囲気をかもしだします。それは本当に違うクルマといってもよいほどです。
 人によっては、数あるグリルの中から、GTXから追加して標準仕様のハコスカよりもより野生的なワイルドさとゴージャスさを併せ持った、人気の最終型に関して、GTRルックなハニカム仕様となり、それと光輝くグリルの形も鼻の穴センターグリルとの組み合わせとなってます。
 個人個人でグリルの趣味もさまざまで、好きなハコスカも、こだわりポイントも違います。
 この最終型のモデルの人気のグリルは今では入手困難のとなってますが、なかなか見つからないのですが、案外と中古車屋さんのパーツコーナーに転がっていることもあったりするそうなんです!
 あの当時はGTR仕様が大人気でしたから、みんなハコスカのグリルをGTRグリルに変えてしまっていました。
もしかして、最も今も残ってるのは鼻の穴のグリル部分が一番多いのかもしれませんね! なので、探してみれば意外と見つかる可能性も大ということですね。
 そういえば中には、光かがやくセンターグリルの鼻の穴だけを外すという、あえて逆仕様というスタイルもありましたね。
 バンパーについては特に変更はないようですね。
 日産とうメーカーは昔は毎年、マイナーチェンジをして、モデルのブラッシュアップをしていたのですが、最近はコスト削減のためにそれほど頻繁にはしていないようなのが、少し残念なところです。
posted by 幻名車の友 at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハコスカ グリル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。